Mont St.Clair

star4.3 · flag2
place2 Chome-2-22-4 Jiyūgaoka, Meguro-ku, Tōkyō-to 152-0035日本
phone+81 3-3718-5200

Reviews

Jeff AN

這邊的甜點真的很好吃!! 不過價錢真的有點貴阿.....

Ortelius Abraham

☆ 「ソロモン流」 賢人 辻口博啓 パティシエ 放送2012年5月6日(日) 21時54分~22時48分 「ソロモン流」は様々なジャンルで強烈なこだわりを持ち輝きを放つ、今、最も注目される旬の人物の仕事や生活に密着。その個性的なライフスタイルや人生哲学を紹介するテレビ東京の人間ドキュメンタリー番組。 1997年「クープ・ド・モンド」パティシエのW杯で優勝を果たし、世界一の称号を手にした一流パティシエ・辻口博啓。 2012年4月将来のスイーツ界を背負って立つ人材育成をと、地元石川県にスーパースイーツ製菓専門学校を開校した。 校長としての新たな立場に挑戦する彼に完全密着します。 そして自身が経営するベトナムの茶園で摘んだ一番茶を使用しての新作メニュー作り。 “魅惑のスイーツの世界”をご堪能下さい。 出演者 【案内人】船越英一郎 【ナレーション】魚住りえ 【賢人】辻口博啓 パティシエ gooテレビ番組 オープニング (その他) 21:54~ 今回は話題の渋谷ヒカリエに2店舗も出店したパティシエ、辻口博啓について紹介する。 船越英一郎がパティシエの辻口博啓を紹介。 パティシエという言葉が今では広く知られるようになったと話した。 21:56~ 自由が丘にある「モン サン クレール」というスイーツ店は行列ができるほどの人気。そのオーナーパティシエが今宵の賢人の辻口博啓。 1997年辻口博啓はクープ・ド・モンドで史上最年少優勝し、その後も数々のコンクールで優勝した。 1998年自由が丘に「モン サン クレール」を開店させた。 辻口はパティシエについて天職だと話した。 多忙を極めている辻口だが、厨房にも立っている。 「セラヴィ(5号)」 「ジャーダンデサンス(5号)」 「セゾンガトー」 など「モン サン クレール」の人気商品を紹介した。 「スーパースイーツスクール自由が丘校」というお菓子教室も評判を呼んでいる。 5月の新作打ち合わせの日。辻口はスイーツに合う最高のお茶を求め、ベトナム・ソンラ省に辻口茶園を持っていて、「辻口茶園のテリーヌショコラ」や「天空茶のタルト」というケーキを作り出した。 お客さんにも試食してもらい、好評を得た。 辻口博啓は「自由が丘ロール屋」や「ルショコラ ド アッシュ」、「和楽紅屋」など、全国に16店舗を展開している。 中には珍しいものもあり「Feve」は「落花生×いかマヨ」や「カシュー×フランボワーズ」など、豆スイーツの専門店となっている。 新千歳空港にある「北海道牛乳カステラ」というカステラ専門店を紹介。 素材は全て北海道産で、カフェも併設されている。 「北海道牛乳カステラと牛乳またはコーヒーのセット」がおすすめ。 1月のこの日はそのあと石川県小松市の小松空港に降り立った。 辻口の故郷・七尾湾にも店舗があり、併設されている「辻口博啓 美術館」では飴細工も見れる。 辻口博啓が向かった場所は「兼六園」の近くにある「尾山神社」のすぐ横に立つビル。 ここで、スーパースイーツ製菓専門学校を開校し、辻口レシピを2年間教え世界に通用する人材を育てようという新たな試みであった。 2月、入学前の説明会で辻口博啓は熱弁を振るい、生徒の真剣さを感じた。 辻口はそのあと調理場に立ち、新入生をおもてなしするために、飴細工を飾るための調理にかかった。 22:15~ 辻口博啓は渋谷ヒカリエにも出店。 「フェーヴ」と「ル ショコラドアッシュ」の22店舗を出店した。 しかし「モンサンクレール」の出店はなく、辻口はケーキは一店舗でないと本当の味は出ないと出店しない理由を話した。 三重県・菰野町に向かった辻口博啓は、鈴木英敬知事と対面し街を上げてのプロジェクトを依頼された。 このプロジェクトには山形県庄内地方にあり、予約が取れないというイタリアンレストラン「アルケッチャーノ」のシェフ、奥田政行も参加してることが紹介された。 飴細工を作っていた辻口博啓は、1時間以上かけて作ったものが、一瞬で木っ端微塵になるなど失敗をしたが、辻口はまた作り直せばいいと、再度チャレンジして飴細工を完成させた。 辻口博啓は石川県七尾市の老舗の和菓子店「紅屋」を営む両親の元に生まれた。 西洋菓子との出会いは小学生時代にショートケーキを食べ、こんなに感動する菓子を人に作ってあげられるような職人になりたいと思い、パティシエの道に進んだことが話された。 洋菓子店で修行を始めた辻口は、二十の頃から頻繁にコンクールに応募を続け、1997年にはクープ・ド・モンドで史上最年少優勝を果たし、98年には「モン サンクレール」を開店と辻口博啓の歴史が紹介された。 22:25~ 辻口博啓はパティシエにとっての喜びについて、お菓子作りに対して向き合っていくことが僕自身の幸せだし、幸せを持って生み出されるお菓子を皆に食べてもらいたいと話した。 4月、金沢市に春がやってくると辻口のスイーツ専門学校・スーパースイーツ製菓専門学校の登校日を迎えた。 辻口は、最初の授業をどうするかこの数ヶ月悩んでいた。自分が校長になるとは思っていなかったと語った。 学生たちはそれぞれスイーツに挑戦する決意があった。 船越英一郎が自由が丘にある辻口博啓の手がける店「モンサンクレール」を訪れた。 店内には様々なスイーツが並んでいて辻口博啓が出迎えた。 今回船越英一郎は辻口博啓から絶品のシュークリームの作り方を教わる。 シュー生地は水を入れた鍋に塩とグラニュー糖・バターを入れて沸騰させると、薄力粉を入れてすぐ混ぜるのがポイント。ダマが出来ないように混ぜあわせ、生地に卵を加えて固さを調整する。 バターを塗った天板に生地を絞り、200度のオーブンで30~40分焼くと出来上がる。 次に、シュー生地に入れるカスタードクリームを作る。 牛乳を入れた鍋に砂糖一摘みを入れるが、牛乳のタンパク質が鍋の下にくっつかないようにするために入れる。鍋にバニラビーンズを加えて沸騰させると、砂糖と薄力粉を入れた卵黄と混ぜてバターを加えて混ぜ合わせると出来上がる。 辻口博啓は出来たカスタードをシュー生地に入れると、冷やさずそのまま食べた。 22:35~ 初授業を終えた辻口は、東京へ戻る予定を変更して金沢市にある石川県立美術館を訪れた。 ここには辻口の店「ルミュゼドアッシュKANAZAWA」があり、セラヴィを作った直後に自分の店のショーケースを見たかった。 辻口校長が登場すると、代表作のセラヴィの作り方を生徒たちに見せることにした。 辻口校長は、ペンキの噴霧に使う機械やセラヴィをデコレーションする飴細工の技を披露したが、生徒たちが細かい作業にも関わらず寄って見ないため近くへ寄らせて見るよう促した。 22:42~ ある日、特別な撮影がありスーパースイーツスクール自由が丘校を訪れると、これまで家庭向けの本を出版していた辻口はプロ用の本に載せる料理を作っていた。 プロ用レシピ本は来年出版予定で、辻口はレシピを吐き出すことで次のステージへ進む為に公開するとした。 船越英一郎は、辻口イズムを継承した若い人達がどんなスイーツを生み出すのか楽しみにしたいと話した。 22:44~ エンディング映像。

智傑張

甜點好吃但要走有點遠,台灣人很多

佐藤晶

最高に美味しいです。 ケーキ、焼菓子、アイスなどどれも美味しいです。お土産としても重宝してます。

中島早紀

あきの栗のお菓子。とてもおいしかった。 噂にたがわぬクオリティです。

Booking.com
OR
Download Jourmap Apps
OR
Have a account?
Download Jourmap Apps

Verify Your Email Address

We've sent a verification mail to you. Please check your inbox.

Reset Password